相続税試算シミュレーションをやってみよう!

相続に関して発生する税金は相続税だけ?

『相続』に関して発生する税金で真っ先に思いつくのは「相続税」であり、相続税の申告に意識が行きがちですが、相続税の申告の前に実施しなければならない税金の申告があります。それは「準確定申告」という手続になります。

準確定申告とは?

不動産所得や事業所得などの所得税の確定申告が必要な人は通常、翌年3月15日までに前年分の所得の確定申告を行いますが、個人が死亡した場合には、その年の1月1日から死亡の日までの期間の所得を確定申告しなければなりません。この申告は相続人全員が納税者となり、被相続人の所得税の申告を行う義務があります。準確定申告の期限は相続開始日から4ヶ月以内です。相続税の申告期限は相続開始日から10ヶ月以内なので、準確定申告の期限はそれよりも早くなります。被相続人が不動産経営を行っていた場合や個人事業主であった場合は要注意です。

葬儀や初七日法要・四十九日法要、相続放棄(相続開始日から3ヶ月以内)の判断を行っていると、準確定申告の期限はあっという間にやってきます。日程が迫っていてどうしたら良いかわからないという方は、すぐにお電話ください!

初回無料の相続税相談窓口

相模原市の相続税ダイレクトサポートにお任せください!

初回無料の相続税相談窓口
ゼイクロウナシ

0120-71-9674
8:30~20:00 年中無休

 

メールでのご相談はこちらから!

希望連絡方法 (必須)

相談項目 (必須)