相続税試算シミュレーションをやってみよう!

相続税の申告『自分でやる or 税理士に依頼』ここが判断基準!

相続税の申告を税理士に依頼すれば報酬が発生します。とにかく「面倒」「わからない」「任せたい」という方は、ストレス削減のためにも税理士へ依頼した方が良いでしょう。ご自身でやりたいと考えている方は、やればやるほど知識を手に入れることができるので、是非チャレンジしてみてください。面白いと感じたら、税理士の道が開けるかもしれません。

ここでは、ご自身で相続税の申告をチャレンジしたときに、「最初から税理士に任せておけばよかった。。。」と後悔しないために、自分でやるか税理士に依頼するかの判断基準をお伝えします。

相続税申告を自分で行うかどうかの判断基準

インターネット上では、相続税に関する情報が溢れておりますので、申告書の書き方を調べれば、自力での申告書の作成はできます。ハードルになってくるのが、相続税の計算過程での難易度の高い論点や面倒な論点です。

遺産の中に土地がある場合

相続税申告書を作成する過程の中でも難易度が高いのが「土地の評価」です。専門家である税理士でも経験によって評価額に大きな差がつく場面でもあります。土地というのは、その土地によって様々な形状をしており、これらの要因を評価に反映させる点に専門的な知識や経験が必要になるためです。特に不動産の相続税評価額が高くなるような場合には、少しのミス等で相続税を払い過ぎてしまうリスクがあります。

遺産の中に非上場株式がある場合
非上場株式の評価は、算定方式が明確にあるものの、日常生活ではあまり目にすることのない単語や計算式から成っており、とっつきにくく理解に時間もかかります。

遺産総額が5,000万円超である場合
相続税は遺産総額が増加するにつれて相続税額も大きくなっていくため、間違えた時のペナルティや特例適用忘れ等によるリスクが大きくなってしまいます。

上記のいずれかに該当する場合は、「期限内に余裕をもって」「正しく」「できるだけ税額が少なくなる」ように申告を行うことが利益になると考えられるので、ここが判断基準となるでしょう。

ご自身で相続税申告を行ったときに注意したいこと

税務調査の確率が上昇
相続税申告書の第1表の右下に税理士の署名欄がありますが、自分で相続税申告を行う場合には空欄になります。税務署としても自分で作った申告書は間違えている可能性が高いと判断し税務調査に来る確率が高くなります。

相続税の過払いリスクの上昇
相続税にはたくさんの特例や税額控除、遺産の評価を引き下げるルールが定められています。そういった税額の軽減を見落としてしまうと、相続税を過大に支払い過ぎてしまうリスクがあります。相続税は何百万円~何千万円と高額になることも多いので、特に注意が必要です。

時間がとられる
専門家に依頼をしてしまえばすべて丸投げできますが、自力での作成となると、いろいろ調べたり確認をしたりといった労力や時間がかかります。これが結構なストレスとなり日常生活に支障をきたしてしまうといったことはよく耳にします。

まとめ

相続税の申告は自力でも可能です。しかし、あまり考えずにスタートさせてしまうと、相続税の払いすぎや日常生活に影響してしまうことが多々ございます。判断基準を明確にするためにも、一度専門家に相談してからご自身でやるかを決めても遅くはありません。あかりパートナーズでは、初回の相談は無料ですので是非ご利用ください。

あかりパートナーズでは、提携の弁護士や司法書士とワンストップでの一連の手続への対応が可能な体制を取っております。相模原市で相続に関して気になっていることがある場合は、あかりパートナーズへお気軽にご相談ください!

初回無料の相続税相談窓口

相模原市の相続税ダイレクトサポートにお任せください!

初回無料の相続税相談窓口
ゼイクロウナシ

0120-71-9674
8:30~20:00 年中無休

 

メールでのご相談はこちらから!

希望連絡方法 (必須)

相談項目 (必須)